【浦和記念】(浦和)~オールブラッシュ快勝、交流重賞2勝目

     

 浦和競馬場(天候・晴、馬場状態・良)で行われたダートグレード競走、第39回浦和記念(JpnII・3歳以上オープン・ダート2000m)は、南関東から6頭、JRAから4頭、他地区1頭の合わせて11頭が出走して行われ、田辺裕信騎手騎乗のオールブラシュ(JRA)が2分05秒4の時計で、昨年2月の川崎記念以来、久々の重賞制覇を飾った。

 レース序盤の先行争いは、トーセンデューク(浦和)がハナに立ち、2番手にシュテルングランツ(浦和)、3番手に1番人気のグリム(JRA)、差が無く内に2番人気のアポロケンタッキー(JRA)が続き、その後にクリソライト、オールブラッシュとJRA勢が追走した。

 2周目の向正面で、先行するトーセンデューク、シュテルングランツに外からグリムが並び掛け、内にアポロケンタッキー、クリソライト、そして6番手を追走していたオールブラッシュが一気にスパートを見せ、3コーナーへ。ここで先行する2頭を交わしてグリムが先頭に立ったが、外からあっさりと交わし去ったオールブラッシュが一気にリードを広げ、最後は後続を4馬身突き放して快勝した。
2着にグリム、1馬身差3着にクリソライト、そして3馬身離されてアポロケンタッキーが続き、上位はJRA勢が占めた。

 オールブラッシュは父ウォーエンブレム、母ブラッシングプリンセス(その父Crafty Prospector)という血統の牡6歳馬。JRA栗東・村山明厩舎の管・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第67回 日経賞(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報