【オーバルスプリント】サイタスリーレッドが初重賞制覇

     

 浦和競馬場で行われた交流重賞=第28回オーバルスプリント(JpnIII・1400m)は、2番人気のサイタスリーレッド(牡4・JRA)が逃げ切って、初重賞制覇を果たした。勝ち時計は1分25秒1。鞍上の戸崎圭太騎手はオーバルスプリント4連覇。2着は5番人気レーザーバレット(牡9・JRA)、3着は3番人気ブルドッグボス(牡5・浦和)。1番人気のリエノテソーロ(牝3・JRA)は5着に敗れた。

 サイタスリーレッドは、父ダノンシャンティ、母ユメノラッキー(母の父Salt Lake)という血統の牡4歳、栗東の佐藤正雄厩舎の管理馬。当初は芝で走っていたが、今年3月にダートに転じてから4連勝。重賞初挑戦となった前走のクラスターCは3着に敗れたものの、2度目の重賞挑戦で重賞タイトルを手にした。通算成績18戦6勝。

◆レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 サイタスリーレッド(戸崎圭太騎手)
「以前、芝のレースで乗せて頂いた時から『センスがある馬だな』と思っていましたし、ダートを使うようになってからも凄く良い走りを見せていましたから、良いイメージを持って乗れました。スタートが決まって二の脚も速かったですし、手応え十分に、気持ちよく走っていました。最後も外から来られると、また反応して伸びてくれました。まだ4歳ですし、この先が楽しみです」

(佐藤正雄調教師)
「モンドクラッセが行くのか・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第20回富士ステークス(G3) New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
菊花賞5 GODZILLA怪獣惑星のヒント New!  競馬サイン・勝利の法則
【菊花賞】ミッキースワローに不安要素が皆無の件 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
菊花賞4 連動レースの法則   競馬サイン・勝利の法則
2017年『競馬板流行語大賞』候補   うまなみ・競馬にゅーす速報