【神戸新聞杯】栗東レポート~ベストアプローチ

     

 9月24日(日)に阪神競馬場で行われる神戸新聞杯(GII)に出走予定のベストアプローチ(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、昨日20日(水)の朝にウッドチップコースで調教を行った。

 昨日、調教が終わった後の藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

-日本ダービーは9着でしたが?
 弥生賞でダービーへ向けての権利を取っておきたかったのですが、結局ダービーは権利を取って出すだけのレースになったというのが本音ですね。青葉賞で権利を取りましたが、ダービーで勝負をするには(ローテーション的に)きつかったと思っています。

-よく頑張ったという印象ですか?
 ダービーに出ること自体、能力を感じていましたが、ローテーションが厳しかったですね。でも、この秋は賞金も足りているし計算づくで来ています。春に厳しいレースを経験できましたし、夏場はしっかりと成長を促すことができました。馬は立派になっていい状態で帰ってきました。

-今朝の追い切りの動きはどうでしたか?
 先週(13日)は芝コースで岩田騎手が乗って、今週は併せ馬で行いました。先週も今週もいい動きでしたし、岩田騎手の感触も良かったですから、シメシメという感じですね。

-ニューアプローチの産駒ということですが、どんなイメージでしょう?
 ニューアプローチはヨーロッパの深い芝をしっかり走った馬ですし、お・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧