【スプリンターズS】栗東レポート~レッツゴードンキ(梅田調教師)

     

☆10月1日(日)中山競馬場で行われる第51回スプリンターズステークス(GI)に出走を予定しているレッツゴードンキ(牝5、梅田智之厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎レッツゴードンキについて、梅田智之調教師

・ヴィクトリアマイル後の馬のダメージが厳しく夏場は牧場でそのダメージを取ることに専念しました。ヴィクトリアマイルというよりもその前の高松宮記念のダメージを引きずっていたのかと思っています。悪い馬場の中一生懸命走っていましたからね。レースでは騎手もここしか無いというところを突いていましたし逆転できない差では無いと思っています。

・夏場は札幌競馬場に入れて栗東トレーニングセンターに戻しました。札幌にいた時はスプリンターズステークスに間に合うかどうかというところでしたが、そこから順調に上昇を始め栗東トレーニングセンターに戻してからは古馬らしく馬が自分で身体を作り出しました。

・先週の岩田騎手騎乗のウッドチップコースでの強めの調教は馬体に余裕のある馬にスイッチを入れる意味がありました。荒療治ではありましたが馬が自分で身体を作ってくれたので良い結果につながりました。

・今週は夏場の調整過程もあり岩田騎手にまた乗ってもらいました。坂路でやったのは輸送も考えてのことで予定通りです。前半は控えめで後半動きました。それよりも以前に比べて騎手とのコミュニケーションがスムーズにな・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース