東京11Rの制裁について

     

東京11レースにおいて、10位に入線した4番ボウルズ(小牧太騎手)は向正面で外側に斜行したため、6番ダブルシャープ(石川倭騎手)、8番メルムサール(江田照男騎手)、10番バイオレントブロー(内田博幸騎手)がバランスを崩した。

この件について、小牧太騎手は、2017年7月8日(土)に不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2017年10月14日(土)から10月29日(日)まで16日間の騎乗停止となった。

(JRA発表による)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧