【秋華賞】栗東レポート~タガノヴェローナ(長谷川調教助手)

     

 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のタガノヴェローナについて、調教後のインタビューでの長谷川浩大調教助手のコメントは以下の通り。

・夏の小倉では2連勝でしたが?
 もともと期待していましたし、ダート戦でしたがいい競馬をしてくれました。まだまだ良くなりそうだという時期でしたので、まだまだ伸びしろはありそうだという感じはしていました。競馬が上手ですし、いろいろな面で対応ができるようになりましたし、精神的にも強くなってくれたと思います。

・小倉戦から7週開きましたが?
 短期放牧に出して9月の末に厩舎に戻りました。速い時計は先週と今週の2本なのですが、先週かなり速いタイムが出ています。放牧先でしっかり態勢を整えて、リフレッシュして柔らかくなって帰ってきました。ここまで調整はしやすかったですね。

・今週も先週に続いてウッドチップコースでの調整でしたが?
 雨が降って馬場も重かったのですが、先週に79秒ぐらいの速い時計が出ていますので、今週は軽めでしまいの反応を見る程度で調教を行いました。状態は本当にいいですね。

・初めての芝のレースとなりますが?
 兄弟にも芝のレースを走っている馬がいますし、正直言ってやってみないとわからない部分はありますけど期待は持っています。

・週末の馬場も重くなりそうですが?

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧