【スワンS】(京都)~サングレーザーが4連勝で重賞制覇

     

京都11Rのスワンステークス(3歳以上GII・芝1400m)は2番人気サングレーザー(C・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(重)。アタマ差の2着に12番人気ヒルノデイバロー、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気レッツゴードンキが入った。

サングレーザーは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マンティスハント(母の父Deputy Minister)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サングレーザー(C・デムーロ騎手)
「今日は雨が降って馬場が悪かったですね。それに返し馬からテンションが高くなっていました。でも、レースは道中リラックスして直線はのめらず100パーセントの走りでした。先頭に立つと物見をするようなところがありましたが、ゴール前は接戦の中、グッと頭を前に出してくれました」

2着 ヒルノデイバロー(四位洋文騎手)
「道中ややスムーズさを欠く所はありましたが、直線ではよく反応しましたし、よく頑張りました。難しい面があってなかなか安定して走れませんが、今日は最後までよく頑張ってくれました」

3着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「体がふっくらしてとてもいい状態でした。3コーナーから4コーナーにかけて馬場を気にしていましたが、直線はよく伸びてくれました」

4着 ビップライブリ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース