【萩S】(京都)~タイムフライヤーが外から突き抜ける

     

京都9Rの萩ステークス(2歳オープン・芝1800m)は1番人気タイムフライヤー(C・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒7(重)。4馬身差の2着に6番人気オーデットエール、さらにクビ差の3着に3番人気リュクスポケットが入った。

タイムフライヤーは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母タイムトラベリング(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイムフライヤー(C・デムーロ騎手)
「スタートは普通でしたが、馬場が悪いので道中はゆっくり進めました。この重い馬場も苦にせず走っていました。たしかに馬場のきれいなところは通りましたが、直線のめることなく、いい瞬発力を見せてくれました。先々重賞を勝つ力を持ったいい馬です」

2着 オーデットエール(川田将雅騎手)
「馬場の影響で苦しそうでしたが、それでも最後まで頑張って走ってくれました」

3着 リュクスポケット(武豊騎手)
「気難しいところがあり、道中は内へ外へというところもありました。まだ集中力は足りないものの、能力がありそうです」

4着 シースプラッシュ(和田竜二騎手)
「動いてきそうです。1頭でいるより、馬の間の方がぐっと伸びます」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース