【2歳500万下】(京都6R)~アンヴァルが勝利

     

京都6Rの2歳500万下(芝1200m)は1番人気アンヴァル(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒1(不良)。3馬身差2着に3番人気タイセイアベニール、さらにクビ差で3着に7番人気ペガッソが入った。

アンヴァルは栗東・藤岡健一厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母アルーリングボイス(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アンヴァル(藤岡康騎手)
「スタートをスーッと出て、道中の手応えも良かったです。追ってからもいい反応でした。こういう馬場は得意ではありませんが、能力でこなしてくれました。強い内容でしたね」

2着 タイセイアベニール(幸騎手)
「勝ち馬をマークしながら進めました。この馬場に脚を取られながらもよく頑張ってくれたと思います。力がありますし、チャンスがあると思います」

3着 ペガッソ(森裕太朗騎手)
「今日は思い切った競馬をしました。こういう馬場も大丈夫です。芝もダートも走れます」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース