【エリザベス女王杯】栗東レポート~リスグラシュー

     

11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の岡勇策調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の秋華賞2着を振り返って)
「馬場が悪い中でも、毎回堅実に走ってくれる馬です。前回は内回り2000mに少し心配はしていましたが、武豊騎手が上手に乗ってくれました。あの位置で勝てるように動いてくれた結果、前は差し切っているのですが、それ以上に上手く乗った馬にやられたかなという感じです。それでも2着に来てくれているので、堅実には走ってくれたかなと思います」

(前走後の調整について)
「秋華賞の後、中3週ですが、1週間ほど放牧に出しました。毎回、1週前にビシッとやって、直前には控える追い切りをしていますが、今回はもう少し馬をピリッとさせようということで、1週前、直前と徐々に上げていく感じで、今週の追い切りをビシッとやるように調整方法を変えてみました」

(最終追い切りを振り返って)
「直前はいつも控えていますが、今回はある程度やってほしいということだったので、時計的にも51秒と結構負荷がかかりました。その中でも終いはしっかり伸びてくれたので、動きは非常に良かったのかなと思います。
 中間は飼葉食いが良く、ずっとこの馬なりにふっくら見せてくれています。それに応えて体重も増えている・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース