【メイクデビュー】(京都2R、4R)~アヴァンセとララケリアが勝利

     

京都2Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は3番人気アヴァンセ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒9(良)。2馬身差の2着に6番人気オーブラン、さらにクビ差の3着に7番人気タケルライジングが入った。

アヴァンセは栗東・吉村圭司厩舎の3歳牡馬で、父Uncle Mo、母Above Heaven(母の父Mr. Greeley)。

~レース後のコメント~
1着 アヴァンセ(福永祐一騎手)
「上手く立ち回ってくれました。先頭に立つと遊んだり、気を抜く所もありましたが、ポテンシャルが高くて、これから良くなりそうです」

2着 オーブラン(川須栄彦騎手)
「内枠で好位につけてレースが出来ました。良い意味での遊びがあって、勝ち馬に出られた後も、もうひと伸びしてくれました。距離は大丈夫だと思います」

3着 タケルライジング(松山弘平騎手)
「スタートは速いほうではないですが、距離やダートは良いのかなと思います。幼くてジリっぽいところはありますけれども、終いはしっかりと動いてくれました。大型馬でまだ良くなると思います」

4着 フェリシタシオン(岩田康誠騎手)
「外枠から出して行きましたが、道中は全体的にモタついていました」

京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬・ダート1400m)は8番人・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース