【初富士S】(中山)~レッドローゼスが人気に応える

     

中山11Rの初富士ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は1番人気レッドローゼス(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒6(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気アッフィラート、さらにクビ差の3着に8番人気チャンピオンルパンが入った。

レッドローゼスは美浦・国枝栄厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母リヴィアローズ(母の父Galileo)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドローゼス(O.マーフィー騎手)
「国枝厩舎の馬でしたから勝てて良かったです。追い切りに乗って感触を掴んでいました。プラン通りのレースが出来ました。使える脚が短いのですが、頑張ってくれました。距離は1600mから2000mぐらいがいいと思います」

3着 チャンピオンルパン(石橋脩騎手)
「外枠だったので、どこのポジションを取るかが気になりましたが、ある程度の位置で、1,2コーナーから向正面でおさまりました。後は自分のタイミングで動いて行き、坂を上って脚を使っていました。大したものです」

6着 アシュリン(M.デムーロ騎手)
「ついてなかったです。直線でスペースがありませんでした」

9着 ウインフェニックス(柴田大知騎手)
「スタートして押してもあの位置になりました。3コーナーから押していっても反応があ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース