【愛知杯】(中京)~エテルナミノルが好位から抜け出し重賞初制覇

     

中京11Rの愛知杯(4歳以上GIII・牝馬・芝2000m)は6番人気エテルナミノル(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。半馬身差の2着に11番人気レイホーロマンス、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気マキシマムドパリが入った。

エテルナミノルは栗東・本田優厩舎の5歳牝馬で、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート(母の父フジキセキ)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 エテルナミノル(四位洋文騎手)
「前走でゲートが良くなかったので、厩舎一丸となってゲート練習をしていたそうです。今日は落ち着いていて好位から運ぶことが出来ました。和田騎手からも『今回はいいところまでやれるのではないでしょうか』と話を聞いていました。(初めての距離でしたが)このくらいが合っているのではないでしょうか。この馬にとって、今年重賞を勝てたことが大きいと思います」

2着 レイホーロマンス(岩崎翼騎手)
「51キロでひそかに狙っていました。道中は一番後ろの位置で周りにも絡まれずに運べました。最後は馬場のいいところをしっかり脚を使ってくれましたが、勝ち馬がしぶとかったです」

3着 マキシマムドパリ(藤岡佑介騎手)
「外から被されて1コーナーで大きな不利を受けました。勝ち馬の外につけられていれば、上がりの脚を考えても届いても良いくらいだったと・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース