和田竜二騎手、騎乗停止へ

     

京都9レースで、7番エタリオウ(和田竜二騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行したため、5番サトノワルキューレ(M.デムーロ騎手)、1番シースプラッシュ(荻野極騎手)および2番キボウノダイチ(藤岡佑介騎手)の進路が狭くなった。

この件について、和田竜二騎手は、2017年12月24日(日)にも不注意騎乗による騎乗停止処分を受けており、短期間に不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2018年2月3日(土)から2018年2月11日(日)まで9日間の騎乗停止とした。また、最後の直線コースで内側に逃避したことについて同馬を平地調教注意とした。

(JRA発表による)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース