【根岸S】(東京)~ノンコノユメが競り合いを制しレコードV

     

東京11Rの根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)は6番人気ノンコノユメ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(重)。ハナ差の2着に1番人気サンライズノヴァ、さらに2馬身半差の3着に2番人気カフジテイクが入った。

ノンコノユメは美浦・加藤征弘厩舎の6歳セン馬で、父トワイニング、母ノンコ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は20戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)
「脚抜きのいい馬場にしても、レコードタイムだとは思いませんでした。4コーナーの手前から慌てずに行き脚をつけながら、直線では砂を被らないよう外に出しました。最後の切れ味がある馬で、今日はそれを生かすことが出来ました。この勝利が次につながってほしいです」

1着 ノンコノユメ(加藤征弘調教師)
「良かった頃に戻ってきた感じです。体重が増えてきて、調教量も多くこなすことが出来ました。去勢した直後は大人しすぎましたが、ようやく仕草などが以前のようになってきました。次走のフェブラリーSでも今日のようなレースをしてほしいです」

2着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)
「ペースが流れていて、いいところでレースが出来ました。自分で仕掛けて行きながらも、よく伸びています」

3着 カフジテイク(福永祐一騎手)
「馬場や流・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース