【クイーンC】(東京11R)~テトラドラクマが好スタートから逃げ切り重賞初V

     

東京11Rのクイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は3番人気テトラドラクマ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。3/4馬身差の2着に5番人気フィニフティ、さらに1馬身3/4差の3着に7番人気アルーシャが入った。

テトラドラクマは美浦・小西一男厩舎の3歳牝馬で、父ルーラーシップ、母リビングプルーフ(母の父ファルブラヴ)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 テトラドラクマ(田辺裕信騎手)
「逃げる事も考えていました。力みやすいタイプなのでリズムよく行かなければと考えていましたが、スタートが良く逃げる形になりました。センスのある馬ですね。どんな相手でも一生懸命走る馬ですから、今後も楽しみです」

(小西一男調教師)
「出たなりのレースをしてほしいと思っていました。今日は自分のペースで行けましたし、最後までしっかり走ってくれました。スピードがあり、体もあり(今日は462キロ)、スタミナもある所がこの馬の良いところです。この前は中山マイルの外枠で負けましたが、本来は中山マイルがベストだと思います。ただ今日も東京マイルを逃げ切るのですから、東京コースのマイルも合います。ベストの距離はマイルでしょうね。今日のレースを見ると、牡馬相手でも良いレースが出来そうです。今後は状態を見て、オーナーと相談しながら決めていきたいです。約20年ぶりの重賞勝利・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース