【フェブラリーS】栗東レポート~ゴールドドリーム

     

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているゴールドドリーム(牡5、栗東・平田修厩舎)について、平田修調教師のコメントは以下の通り。

(前走のチャンピオンズC1着を振り返って)
「ゲートであるとか、距離的なことなど、いろいろと課題のある馬なのですが、そういうことを克服してくれました。GIを勝ったということももちろん大きなことですが、それ以上に収穫の多い競馬だったと思います」

(前走後の調整について)
「チャンピオンズCを勝った時点で、次はフェブラリーSというのは決まっていました。一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出しましたが、緩めることなく乗っていたので、良い状態をキープしています」

(調教の内容を振り返って)
「藤懸騎手が乗れば時計が出るのは分かっていました。そんなに速くは見えなかったのですが、やはり能力のある馬は速いなというのは再認識しました。
 去年も状態は良かったのですが、チャンピオンズCで惨敗してのフェブラリーSだったので、半信半疑なところもありました。今回はチャンピオンズCを勝ってのフェブラリーSなので、状態さえ維持できればという思いはあります」

(今回のレースに向けて)
「よく言われるのが、だいたいスタートで出遅れることなのですが、府中のマイルは芝スタートなので、府中で競・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース