【フェブラリーS】栗東レポート~ケイティブレイブ

     

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)について、目野哲也調教師のコメントは以下の通り。

(前走の川崎記念1着を振り返って)
「ケイティの力をいっぱい出したような走りでしたから、満足しています。
 この馬は行った方が良いのですよね。それで思った通りのレースになりました」

(前走後の調整について)
「中間は元気ありました。ずっと毎日見ていて、元気がありますので、大丈夫です」

(調教の動きを振り返って)
「そんなにやるつもりはなかったのですが、乗り役が乗ってくれたら、気合いが乗って行くのでしょう。このくらいの時計が出るのは、走る脚があるということだと思いますので、期待はしています」

(今回のレースに向けて)
「もう平均的に走りますので、別に良くなっているということはないのですが、やはり年を取るごとに力は付いていると思います。
 枠はどこでもいいです。直線が長いものですから、心配はありません。
 競馬に携わって幸せだったことは確かにあります。しんどいこともたくさんありました。ストーンステッパーで(以前このレースは)負けていますので、ここであの時の思いをひっくり返して勝ちたいと思います。応援して下さい。
 ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース