【フェブラリーS】美浦レポート~ノンコノユメ(加藤征弘調教師)

     

 18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に出走予定のノンコノユメ(セン6)について、加藤征弘調教師のコメントは以下の通り。

―状態はいかがですか
 前走に引き続き、いい状態を保っていると思います。

―前走は2年2か月ぶりの勝利、レコードタイムでしたが
 馬場が軽かったので、レコードタイムはさほど重要なことではないと思うのですが、流れが非常に向いて、あの馬の形になったのが勝因だと思います。

―気性面について
 去勢したのは牝馬に対して馬っ気を出す面があったからなのですが、全体的に大人しくなりすぎたというところがあったと思います。そこからだいぶ戻ってきたと思います。

―前走からの経過は
 変わった様子もなく、体調の変化も大きくなく、左前のソエ(骨膜炎)を気にしたりもしましたが、その週のうちに治まりましたし、翌週からしっかり坂路で時計を出し始めているので、体調は問題ないと思います。前走の体調を維持する形で先週、今週とやっています。

―前走から距離が延長されますが
 前走が今までより短かっただけで、1600mは得意としているので、全く問題はないと思います。

―前走が自己最高体重の456キロでの出走でしたが、今回はどうなりそうでしょうか
 2週後には454kgまで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース