【中山牝馬S】(中山)~カワキタエンカが逃げ切り重賞初制覇

     

中山11Rの中山牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1800m)は6番人気カワキタエンカ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(稍重)。半馬身差の2着に2番人気フロンテアクイーン、さらに1馬身半差の3着に9番人気レイホーロマンスが入った。

カワキタエンカは栗東・浜田多実厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母カワキタラブポップ(母の父クロフネ)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 カワキタエンカ(池添謙一騎手)
「まだ少し力む面はありましたが、前回のレースを使ってガス抜きが出来ていましたし、中間の調整もしっかりソフトにしてもらったので、入れ込みもそれほどではありませんでした。今後はもっとメンタル面が良くなってほしいですし、GIへ向けてステップを一つ一つ登ってほしいですね」

(浜田多実雄調教師)
「前走は噛み合わなかったので、今回に向けてそこを修正してきました。加えて今日はジョッキーがうまく乗ってくれました。ポテンシャルはある馬なので、うまく運べればかなりやれます。それにしても勝ったことには驚きました。次走はオーナーと相談します」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「道中はリズムよく運べました。最後も迫るところまで行きましたが、勝ち馬はこちらが来るのを待っているような感じで、もうひと伸びされました。た・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース