【ポラリスS】(阪神)~サトノファンタシーが2番手から押し切りV

     

阪神11Rのポラリスステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は4番人気サトノファンタシー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(稍重)。2馬身半差の2着に9番人気タガノエスプレッソ、さらにクビ差の3着に6番人気ラテンロックが入った。

サトノファンタシーは栗東・松田国英厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母ディナーブレイク(母の父Tale of the Cat)。通算成績は15戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノファンタシー(M.デムーロ騎手)
「気難しいところがあってすぐにやめようとするのですが、今日は外枠で3~4コーナーを馬なりで行けて、最後まで頑張ってくれました。強いですね」

2着 タガノエスプレッソ(国分恭介騎手)
「気が細かそうな馬で、馬込みに突っ込まないようにして、馬群の外を回ると良い脚を使ってくれました。距離もこれぐらいが良いと思います」

4着 コウエイエンブレム(松山弘平騎手)
「勝ち馬に手応え良く並ばれて、楽にかわされてしまいました。決してやめている感じでなく、一生懸命走ってくれています」

5着 ルグランフリソン(岩田康誠騎手)
「勝つ力は秘めています。展開次第では逆転できると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース