【フローラルウォーク賞】(中京)~ミュージアムヒルが追い比べから抜け出し勝利

     

中京10Rのフローラルウォーク賞(3歳500万下・芝1600m)は2番人気ミュージアムヒル(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(稍重)。1馬身3/4差の2着に1番人気アドマイヤアルバ、さらに2馬身差の3着に3番人気スターリーステージが入った。

ミュージアムヒルは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母ロレットチャペル(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ミュージアムヒル(津村明秀騎手)
「人気の上位の馬をかわせば勝てると思いあの位置(4番手)から。とはいえ勝ち切れていないレースが続いていたので、早めのレースを心掛けました。勝てて良かったです」

2着 アドマイヤアルバ(藤岡康太騎手)
「メンバー的にスローな流れになるだろうと思っていた中、2番手から運べました。結果的に勝ち馬にマークされる形になりながらも最後までよく走ってくれました」

3着 スターリーステージ(北村友一騎手)
「スタート良く楽なペースでリズム良く行けていたのですが、勝負どころでペースアップした時に右手前に替えたら外に膨らむ面を見せてスムーズさを欠き、スピードに乗り切れませんでした」

4着 ブラゾンダムール(柴山雄一騎手)
「テンも速く、スムーズに3番手につけてのレース。今回、もたれを矯・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧