【甲南S】(阪神)~モズアトラクションが人気に応える

     

阪神10Rの甲南ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、ダート2000m)は1番人気モズアトラクション(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒6(稍重)。1馬身3/4差2着に5番人気マイネルクラース、さらに2馬身1/2差で3着に2番人気カフェブリッツが入った。

モズアトラクションは栗東・松下武士厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母エーシンラクーリエ(母の父コロナドズクエスト)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 モズアトラクション(岩田騎手)
「トモが緩いところがありますが、段々強くなってくれると思います。慌てさせるといけないと思って、あまり前には行きませんでした。(最後の脚は)凄かったです」

3着 カフェブリッツ(川田騎手)
「ためる競馬をしようと、レースを組み立てました。久しぶりに脚を使えました。これがいいきっかけになればいいと思います」

5着 スマートボムシェル(古川騎手)
「感じは良かったのですが、最後は決め手の差が出ました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース