【花園S】(京都10R)~エイコーンが直線で鋭く脚を伸ばし完勝

     

京都10Rの花園ステークス(3歳以上1600万下・ダート1900m)は2番人気エイコーン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。1馬身半差の2着に5番人気ビスカリア、さらに1馬身3/4差の3着に9番人気タガノヴェローナが入った。

エイコーンは栗東・吉田直弘厩舎の3歳牡馬で、父フリオーソ、母ラメント(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エイコーン(福永祐一騎手)
「強かったです。今日もポジションは良かったですし、昇級戦でどうかと思いましたが、問題なかったですね」

2着 ビスカリア(M.デムーロ騎手)
「いい脚を使ってくれています。よく頑張っていると思います」

3着 タガノヴェローナ(藤懸貴志騎手)
「一年半ぶりに騎乗しましたが、馬が成長しているのを感じました。一瞬勝ったかと思うくらいの手応えでした。十分メドの立つ内容でした」

4着 マイネルクラース(川田将雅騎手)
「この馬としてはゲートを出てくれて、精一杯の走りで力を出し切ってくれています」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧