【メイクデビュー】(中山4R、6R)~ヘッドオブステート、ミッキーフォンテンが勝利

     

中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は7番人気ヘッドオブステート(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒9(良)。7馬身差の2着に1番人気ノワールムーティエ、さらに2馬身半差の3着に4番人気サクラルーフェンが入った。

ヘッドオブステートは美浦・大竹正博厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ザグレース(母の父ディープインパクト)。

~レース後のコメント~
1着 ヘッドオブステート(田辺裕信騎手)
「調教では動かなかったと聞いていたので、レースでのイメージがつきませんでした。しかし、返し馬の感じは良かったです。まだ余裕残しでこれだけ強い競馬をするのですから楽しみです。上積みもありそうです」

2着 ノワールムーティエ(C.ルメール騎手)
「スピードはありそうです。しかし、距離はもっと短い方が良いでしょう。最後は止まりました。1600mの方が良いと思います」

3着 サクラルーフェン(石橋脩騎手)
「勝った馬は強かったです。この馬も無事にこのままいければチャンスはあると思います」

10着 ブーケオブジュエル(O.マーフィー騎手)
「初めてのレースでキックバックを受けたためか、全く進んでいきませんでした。これが経験になり、次は変わるのではないでしょうか」

中山6Rのメイク・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース