【アレキサンドライトS】(中山)~断然人気のアナザートゥルースが好位から押し切る

     

中山10Rのアレキサンドライトステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気アナザートゥルース(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒8(良)。クビ差の2着に8番人気バイタルフォース、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ブライトンロックが入った。

アナザートゥルースは美浦・高木登厩舎の5歳セン馬で、父アイルハヴアナザー、母キョウエイトルース(母の父フジキセキ)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アナザートゥルース(C.ルメール騎手)
「ズブかったですが、長く反応してくれました。さすがダートで成績を残している馬だけあって、ワンペースの流れで頑張ってくれました」

2着 バイタルフォース(三浦皇成騎手)
「前回のレースは不完全燃焼の形でした。その後もいい状態をキープしていました。少頭数も上がりのかかる流れも向きました」

3着 ブライトンロック(田辺裕信騎手)
「この馬もよく頑張って走っていますが、勝ちに行くレースをすると最後に甘くなります。かといって動かないと勝った馬に楽なレースになります。今日の結果はある程度仕方ないです」

5着 ローレルリーベ(嘉藤貴行騎手)
「いい感じでレースができました。ブライトンロックがいい手ごたえで動いてきた時もよく抵抗して頑張ったのですが、最後に・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧