【舞鶴S】(京都)~人気のタイキフェルヴールが鮮やかに差し切る

     

京都10Rの舞鶴ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気タイキフェルヴール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(稍重)。1馬身3/4差の2着に6番人気シロニイ、さらに3/4馬身差の3着に2番人気デザートスネークが入った。

タイキフェルヴールは栗東・牧浦充徳厩舎の4歳牡馬で、父フリオーソ、母アッシュベリー(母の父Any Given Saturday)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タイキフェルヴール(池添謙一騎手)
「スローペースで1~2コーナーにかけて行きたがるところはありましたが、隊列が決まってからは追走が楽になりました。一叩きして反応が良くなりました。直線は交わせる勢いがありました。いい形で勝ってくれました。期待している馬ですし、勝ってくれて良かったです」

3着 デザートスネーク(黛弘人騎手)
「前走で失敗したゲートの出が良くなっていました。好位がいいタイプの馬です。押し出されるようにハナへ行って、自分のリズムで行けましたが、交わされてしまいました。結果が伴ってくれませんでした。申し訳ないです」

5着 メイショウテムズ(柴山雄一騎手)
「もう少しインでレースをしたかったのですが、落ち着いた流れということもあって内に入れられませんでした。最後まで真剣に走っていましたよ」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース