【金山特別】(中京)~ナムラドノヴァンが追い比べから抜け出す

     

中京10Rの金山特別(4歳以上500万下・芝2200m)は2番人気ナムラドノヴァン(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒8(良)。半馬身差の2着に4番人気アドマイヤデジタル、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気バイマイサイドが入った。

ナムラドノヴァンは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牡馬で、父ディープブリランテ、母パンカティリオ(母の父Kingmambo)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ナムラドノヴァン(鮫島克駿騎手)
「序盤のペースがゆったりしていて、途中から動いていく馬がいましたが、こちらの手応えがあったので、馬の力を信じて直線まで我慢していました。最後は弾けてくれました。課題のゲートも1戦ごとに良くなっていますし、力をつけています。上のクラスでも楽しみです」

3着 バイマイサイド(荻野極騎手)
「理想の位置で運べました。直線では狭いところに入るだけの脚を見せてくれました。いい競馬をしてくれました。間が空いた分もありますが、次はさらに切れると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース