【菜の花賞】(中山)~コントラチェックが逃げ切り断然人気に応える

     

中山9Rの菜の花賞(3歳500万下・牝馬・芝1600m)は1番人気コントラチェック(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。3馬身差の2着に4番人気タンタラス、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気ポリアンサが入った。

コントラチェックは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母リッチダンサー(母の父Halling)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コントラチェック(C.ルメール騎手)
「いいペースを維持することができる馬です。馬がリラックスして、落ち着いていたのが良かったです。今日の内容からも先週の重賞(フェアリーS)を使えていれば良かったのですが......」

2着 タンタラス(O.マーフィー騎手)
「すごくいい馬ですが、とにかくまだまだ全然子供です。これからの成長次第で上のクラス、重賞級になれると思います。距離も成長と共に伸ばしていけばと思います。また秋に是非乗りたいです」

3着 ポリアンサ(石橋脩騎手)
「返し馬の感じで力むところがあったので、そういうところが出ないよう、今日は後ろからになっても良いと思い、折り合いに専念しました。いい脚を使いましたし、こういう競馬ができることも分かりました」

4着 スペキュラース(柴田大知騎手)
「よく頑張ってくれています・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース