【福島牝馬S】栗東レポート~カワキタエンカ

     

☆21日(土)福島競馬場で行われる第15回福島牝馬ステークス(GIII)に出走を予定しているカワキタエンカ(牝4、浜田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎カワキタエンカについて、浜田多実雄調教師

・前走の中山牝馬ステークスは勝てるとは思っていなかったのですが全てがうまく噛み合って勝つことができ本当に嬉しく思います。前々走で負けてテンションなどいろんな課題が見つかったことでハミを交換するなど、それを修正してレースに臨んだことが功を奏したと思います。

・その後は短期放牧に出して精神面のリフレッシュを図りました。栗東トレーニングセンターに戻してからは3本時計を出しています。前回結果が出ていますから今回も一週前追い切りはメンタル面に主眼を置いて行いました。前回と同じ感じできていますからいい感じだと思います。今朝もメンタル面を重視して最後は脚色を確認してもらう内容でいい調整が出来たと思います。状態も前走のようになっていますから結果もそれにつながるように向かえたらと考えています。

・少しぐらい速いペースで逃げても諦めず最後までしっかり走ってくれる馬です。福島の芝1800mというのは条件的に合うと思いますし、今週からBコースというのも先行馬のこの馬には好材料でしょう。いい結果を期待しています。

〔取材:檜川彰人〕

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース