【フローラS】栗東レポート~サトノワルキューレ

     

☆22日(日)東京競馬場で行われる第53回フローラステークス(GII)に出走を予定しているサトノワルキューレ(牝3、角居)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノワルキューレについて、辻野泰之調教助手

・前々走が最後不利を受けたので、前走のゆきやなぎ賞は最後まで不利が無いレースをして力を出し切ってくれればと思い見ていましたが牡馬相手にあれだけの競馬が出来たので本当に逞しい牝馬だと思いました。

・その後は在厩で調整を行ってきました。ずっと厩舎にいたほうが飼葉食いが安定します。それに頭が良く厩舎にいてもオンとオフをしっかりつけられます。そうして充電をしながら徐々に上げてきてここまで順調に来ています。

・一週前はCウッドチップコースを使った追い切りで3頭併せでした。息遣いが良く、この段階で中身はできていると思います。ですから今週の追い切りは輸送も考慮して坂路でオーバーワークに注意して行いました。気持ちも入って、デビュー当時から比較してしっかり走れるようになっています。いつも通りテンションも高くなく息の戻りもいいのでしっかり調整ができたと思います。今回は重賞になりますが力を出してくれれば対応できるのではないかと考えています。

・(長距離)輸送が初めてなので心配はありますが、頭が良くイレ込むこともないのでこなしてくれるのではないかと思っています。長めのところを使ってきたので折・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース