【マイラーズC】栗東レポート~モズアスコット

     

☆22日(日)京都競馬場で行われる第49回マイラーズカップ(GII)に出走を予定しているモズアスコット(牡4、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎モズアスコットについて、矢作芳人調教師

・前走の阪急杯は枠順(の影響)ですよね。枠が決まったときに(17番)イヤだなとは思いました。阪神の芝1400mは内回りですからその点は気になりました。まあ最後は引退される先生(勝馬ダイアナヘイロー、福島信晴調教師)のパワーもあったのでしょうね。調教の段階からいくらかテンションが高くペースもあまり上がらないという、いくつもの要素が重なったことはありました。

・その後は普段どおり短期放牧に出しました。今回は牧場にいる時から落ち着きもあって思うような調整もできたかと思います。一週前追い切りにルメール騎手が乗ったのは折り合い面の確認に主眼を置いたものです。調教が動くのはもちろんですが落ち着きの面が良かったですね。

・今朝も馬の後ろにつけて折り合い面を確認しながら終いを伸ばすというものでした。テンションも落ち着いていましたからしっかりやりました。渋った中、朝一番の(きれいな)馬場でない中での坂路51.2-12.6という時計は非常に評価できるものだと思います。トモの筋肉も盛り上がってきたような気もします。

・下級条件の時とはいえマイルは2戦2勝ですから全く気にしていません。むしろ前2走は阪神・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース