【青葉賞】栗東レポート~スーパーフェザー(友道康夫調教師)

     

4月28日(土)に東京競馬場で行われる第25回青葉賞(GII)に登録しているスーパーフェザー(牡3、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアザレア賞1着を振り返って)
「あのレースの追い切りから、結構動けるようになってきました。ようやく体も本格化したなという感じでレースを迎えました。その通りに前半は折り合いがついて、終いもしっかり伸びて良い感じで来てくれました。
 長距離をもたせるというか、ダービーを目指すためにも前半で折り合って、ゴーサインを出せば反応できるように、いつも乗ってもらっています。
 阪神の2400mで広いコースでもきっちり伸びていますし、東京の2400mの方がベターではないかと思います」

(唯一掲示板を外した若駒Sで見えた課題は?)
「あの時はまだ体が仕上がっていなかったので、瞬発力がなかったのですが、馬が成長して良くなったと思うのです。これからまだまだ良くなってくる馬だと思うので、今週も楽しみですが、秋以降はもっと良くなってくると思います」

(調教過程を振り返って)
「1週前なので、負荷をかけるように乗ってもらいました。動きを見ても良かったですし、乗った人の話を聞いても良い感じだったと思います。
 (今週は)東京の輸送もありますし、馬場状態のことも考えて坂路でやりま・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース