【天皇賞・春】栗東レポート~シュヴァルグラン(友道康夫調教師)

     

4月29日(日)に京都競馬場で行われる第157回天皇賞・春(GI)に登録しているシュヴァルグラン(牡6、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走の大阪杯13着を振り返って)
「2000mは少し守備範囲から離れていました。しかし、それよりも競馬のペースが合わなくて、あの着順になったと思います。
 前半はスローペースでヨーイドンの競馬になったので、今までそういう競馬の経験がありませんでした。馬は走りづらかったのだと思います。
 2000mを使ったということで、最初は若干行きたがる面があったのですが、それも徐々に修正できて、今はもう長距離で行けるようになってきたと思います」

(調教過程を振り返って)
「先週はCウッドチップコースで3頭で併せて長めからしっかりと終いまで追うように指示しました。
 見た目として遅れはしましたが、元々攻め馬ではそんなに動くタイプではありません。しっかりと負荷がかかって良い追い切りだったと思います。
 今週は競馬ということもありますし、雨が降った馬場状態もあるので、今回は坂路で追いました。
 だいたい54秒から55秒ぐらいという指示で、久々にボウマン騎手に乗ってもらって、その感触をもう一度確かめてもらうよう乗ってもらいました。
 元々こういう馬場では少し走・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース