【天皇賞(春)】美浦レポート~ソールインパクト

     

29日(祝・日)京都競馬場で行われる天皇賞(春)に出走予定のソールインパクト(牡6、美浦・戸田博文厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○ソールインパクトについて戸田博文調教師

(前走の日経賞を振り返って)
「大外枠ということで、だいぶ外をまわらされるコースロスがありました。内容は悪くなかったと思いますが、若干苦しかったかなと思います」

(前走からここまで中4週、調整過程は)
「ここを目標にしていましたので、4週というのもちょうどいいローテーションです。それを見据えて日経賞を使いました。馬も使いながら良くなるタイプですし、いい状態で迎えることが出来たと思っています」

(今朝の最終追い切りについて)
「先週、長めからしっかり負荷をかけられました。今週は輸送もありますし、雨で馬場もよくなかったので、時計というよりは最後の息遣いや反応を確かめました。内容的には良かったと思います」

(反応や動きなど、実際に見ての印象)
「いつも通りといいますか、この馬は実戦タイプなので、時計は遅かったですがゴール前の反応は良かったです。併走馬は調教で動く馬で、そういう意味では非常に良い動きだったと思います」

(天皇賞に向けて)
「まだ重賞未勝利ですのであまり大きな事は言えませんが、この馬は使いながら良く・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース