スペシャルウィーク死亡

     

 1998年の東京優駿(日本ダービー)などGIを4勝し、種牡馬としてはブエナビスタやシーザリオ、トーホウジャッカルらを送り出したスペシャルウィーク(牡23歳)が、種牡馬引退後に繋養されていた日高大洋牧場で、今日27日(金)午後4時40分頃、死亡した。

 日高大洋牧場の小野田宏氏は「4月23日(月)の放牧中に転倒し、左腰を強く打ったため、馬房内で経過観察をしておりましたが、本日、馬房内で転倒しているところをスタッフが発見し、午後4時40分頃に死亡いたしました。ファンがとても多い馬で、現役時代に一緒に戦った世代の馬たちが種牡馬として活動している中、少しでも長く生きてもらいたかったものの、不慮の事故でこの世を旅立つこととなってしまいました。スペシャルウィークには感謝の気持ちで一杯です」とコメントしている。

(JRA発表のリリースによる)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース