【春光S】(東京)~向正面で動いたマイネルクラースが勝利

     

東京10Rの春光ステークス(4歳以上1600万下・ダート2100m)は4番人気マイネルクラース(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。1馬身差の2着に7番人気トウカイエントリー、さらにクビ差の3着に10番人気バイタルフォースが入った。

マイネルクラースは美浦・高木登厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母マイネヌーヴェル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルクラース(高木登調教師)
「向正面でペースが落ち着き、少し強引に押し上げていきましたが、しぶとくよく頑張ってくれました。ゆったり流れるこの距離は合っていますし、今日のような馬場もいいようです」

2着 トウカイエントリー(大野拓弥騎手)
「流れに乗れましたし、しぶとく頑張っています。長めの距離は合っています」

3着 バイタルフォース(岩田康誠騎手)
「バテず伸びずという感じですが、しぶとく脚を使います。併せる形だったら、もうひと伸びできたと思います」

4着 レッドサバス(田辺裕信騎手)
「このクラスでも堅実に走りますが、もうひと押しがほしいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース