【端午S】(京都)~バイラが後方一気で突き抜ける

     

京都10Rの端午ステークス(3歳オープン、ダート1400m)は6番人気バイラ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒1(良)。1馬身1/4差2着に9番人気タイセイアベニール、さらにクビ差で3着に11番人気アスターソードが入った。

バイラは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母コウエイテンプウ(母の父デヒア)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 バイラ(和田騎手)
「ポテンシャル、能力が高いです。どこからでも行ける馬です。これからも楽しみです」

4着 メイショウイサナ(浜中騎手)
「スタートしてダッシュがつきませんでしたし、他の馬の影響でブレーキをかけざるを得ませんでした。位置は後ろになりましたが、後ろにいた3頭が上位に来た流れで差してきました。ただ、他の馬に対してのリアクションが大きく、揉まれ弱さがあると思います」

7着 テイエムディラン(田中健騎手)
「勝負どころで急かして行きましたが、7着になりました。器用な馬ではないので、展開の助けがいると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース