【晩春S】(東京)~リライアブルエースが内から抜け出す

     

東京10Rの晩春ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、芝1400m)は4番人気リライアブルエース(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2(良)。クビ差2着に3番人気バリス、さらにアタマ差で3着に2番人気クライムメジャーが入った。

リライアブルエースは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー(母の父Unusual Heat)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 リライアブルエース(田辺騎手)
「リズム良く行けて、直線の反応も良かったです。前走、中京で走った時は外へ行ったり、ハミを噛むなどしていましたが、今日はスムースでした」

2着 バリス(内田博騎手)
「交わせると思いましたが、交わせませんでした。前に行かせたら脚を使ってしまうと思い、ためる競馬を試みました。力のあるところは見せてくれました」

3着 クライムメジャー(戸崎騎手)
「外枠でしたが、いい走りは出来ました。勝ち馬との差はコース取りの差かと思います」

4着 レインボーフラッグ(石橋脩騎手)
「道中、上手に走ることが出来て、直線では切れる脚を見せてくれました。どうしても内を通った馬が有利になってしまうので、コース取りの差が大きいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース