【クイーンエリザベス2世C】(シャティン)~パキスタンスターが快勝

     

香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世カップ(G1・芝2000m)は、香港のパキスタンスター(W.ビュイック騎手)が優勝した。勝ちタイムは2分00秒21。3馬身差の2着にゴールドマウント、3着にイーグルウェイが入り、日本から参戦したアルアインは5着、ダンビュライトは7着だった。

5着 アルアイン(池江泰寿調教師)
「前残りの競馬が続いていたので、3・4番手に付けるというのは作戦通りでした。ジョッキーによると、4コーナーで競馬をやめる仕草をしたとの事で、香港に来てから調教でも見せていましたが、気難しい面が出てしまったようです。調教内容を見直して根本的に直していきたいと思います。今日もダンビュライト陣営に色々気遣ってもらい無事にレースを終えられました。ダンビュライト陣営には感謝しています」

5着 アルアイン(C.デムーロ騎手)
「先行するというのは作戦通りで、そこまでは完璧でした。ただ、前に取り付くところで気難しい面を見せました。ブリンカーをつけたほうがいいかもしれません」

7着 ダンビュライト(小林慎一郎調教助手)
「タイムワープが逃げるのを見ながらの競馬になるのは想定どおりでした。4コーナーまで持ったままで雰囲気良くこられたので期待しましたが、最後は失速してしまいました」

7着 ダンビュライト(T.ベリー騎手)
「道中は良い感じで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース