【京都新聞杯】(京都11R)~ステイフーリッシュが早め先頭から押し切り重賞初V

     

京都11Rの京都新聞杯(3歳GII・芝2200m)は7番人気ステイフーリッシュ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒0(良)。1馬身3/4差の2着に11番人気アドマイヤアルバ、さらにハナ差の3着に4番人気シャルドネゴールドが入った。

ステイフーリッシュは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母カウアイレーン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ステイフーリッシュ(藤岡佑介騎手)
「トビの大きい馬です。勝ち時計から計算するとあの位置取りでよかったと思います。抜け出してからも余裕あるレースぶりでした。調教では扱いやすい馬という印象がありましたので、先入観を持たずに長距離のレースをしようと思っていました。初めて騎乗しましたが、まだまだ活躍する馬だと思います」

2着 アドマイヤアルバ(岩田康誠騎手)
「気の勝っているところがあるのでもう少し上手く乗れたらもっとやれたと思います。距離延長もクリアしてくれましたし、よく頑張ってくれています」

3着 シャルドネゴールド(H.ボウマン騎手)
「2200mの距離に不安があったのですが、クリアしてくれました。気合いをつけると少し掛かってしまって、距離を考えてなだめようとしたら、すぐに従ってくれたように、コントロールが効きました。結果論ですが、もう少し早・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース