【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~リスグラシュー(矢作芳人調教師)

     

5月13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GI)に登録しているリスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の矢作芳人調教師のコメントは以下の通り。

(前走の阪神牝馬S3着を振り返って)
「自分としてはトライアルという位置付けだったので、負けましたが、結果以外には全て満足しています。
 最後まで自分の競馬を貫き通した点、あるいは馬体重や調整面など今回に向けての布石という点で、良いレースだったと思っています」

(前走後の調整について)
「この馬はずっと厩舎に置いておくと、少しテンションが上がるというか、気合いが入り過ぎるので、必ず一回はリセットしてあげるというやり方を継続しています」

(調教過程を振り返って)
「先週でしっかりとやることで今週の調整が楽になると思ったので、先週は目一杯には追っていませんが、割りと負荷をかけるというか、速い時計を出すということで乗ってもらいました。予定通りです。
 (武豊騎手が動き以上に時計が出ていると言っていたが)成長を感じる部分はそこでしょうね。
 今日は、指示は54秒で馬なり、並走馬に併せるだけのイメージという感じで、指示通り乗ってくれたと思います。
 折り合い面というのは、多少気を遣わなければならないので、調教のテーマとしてはやってきています。前・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース