【京王杯SC】(東京)~ムーンクエイクがレコードV

     

東京11Rの京王杯スプリングカップ(4歳以上GII・芝1400m)は4番人気ムーンクエイク(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒5(良)のレコード。アタマ差の2着に7番人気キャンベルジュニア、さらにハナ差の3着に2番人気サトノアレスが入った。

ムーンクエイクは美浦・藤沢和雄厩舎の5歳セン馬で、父アドマイヤムーン、母リッチダンサー(母の父Halling)。通算成績は12戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ムーンクエイク(C.ルメール騎手)
「ラスト200mは3頭併せの中よく頑張ってくれました。少し掛かるところはありましたが、スピードはあるし、長く脚を使えます。タフな馬なので、1600m(安田記念)は合っています」

(藤沢和雄調教師)
「ペースが少し速くて、レースがしやすかったですね。厩舎に置いたまま、次は安田記念に向かう予定です」

2着 キャンベルジュニア(石橋脩騎手)
「状態がとても良く、かなり仕上がっていました。スタート後の馬の出はそれほど良くありませんでしたが、うまく対応してくれて、直線での加速は素晴らしかったです。そのまま押し切れれば良かったのですが、勝ち馬に目標にされていた分、最後は捕らえられてしまいました。素質は良いものをもっているので、今後も楽しみです」

3着 サトノアレス(蛯名正義騎手)

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース