【蹴上特別】(京都)~タマモアタックが2番手から押し切る

     

京都10Rの蹴上特別(4歳以上1000万下・ダート1900m)は6番人気タマモアタック(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒0(良)。半馬身差の2着に1番人気カフジキング、さらにクビ差の3着に10番人気コスモバーダンが入った。

タマモアタックは栗東・武英智厩舎の6歳牡馬で、父アルデバラン2、母チャームウィーク(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は27戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タマモアタック(藤岡佑介騎手)
「完勝でしたね。長く良い脚を使う馬なので、好位の外目から早めに仕掛けて行く指示通りのレースでした。初めて騎乗しましたが、体調が良いと聞いていた通り、その良さを活かすことが出来ました。派手さは無いですが良い馬です」

2着 カフジキング(松若風馬騎手)
「良い位置で流れに乗ることが出来ました。最後は前を捕らえそうで捕らえ切れませんでした」

3着 コスモバーダン(国分優作騎手)
「前に行かなくても良いレースが出来るようになりました。最後は良い脚を使ってくれています」

4着 ルドルフィーナ(小牧太騎手)
「徹底的に勝ち馬にマークされて苦しかったですね。それにしてもいつもの粘り強さがありませんでした」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース