【飛竜特別】(新潟)~6ヶ月半の休み明けのミキノドラマーが抜け出す

     

新潟12Rの飛竜特別(4歳以上500万下・芝1000m)は2番人気ミキノドラマー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒3(稍重)。2馬身半差の2着に12番人気ペイシャゲラン、さらにクビ差の3着に5番人気マッタナシが入った。

ミキノドラマーは美浦・南田美知厩舎の5歳牡馬で、父ショウナンカンプ、母ケイアイミサイル(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は22戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ミキノドラマー(三浦皇成騎手)
「6ヶ月半の休み明けで調整が難しかったと思いますが、現段階で良く仕上がっていましたし、次はさらに良くなると思います。返し馬を落ち着いて出来たことが勝因だったと思います。スタートを決めて、スッと良い位置につけられて、最後も良い伸びでした。完勝です」

2着 ペイシャゲラン(井上敏樹騎手)
「行き脚がつかなくて後ろからになりましたが、脚がたまっていました。ゆるい馬場も良かったです」

3着 マッタナシ(西田雄一郎騎手)
「ゲートが全てでした。中で待たされた時にジッとできませんでした。ゲートを練習していかないと1000mでは致命的です。終いは良い脚でした。1200mでも良いと思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース