【オークス】栗東レポート〜リリーノーブル(川田騎手)

     

☆20日(日)東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス)(GI)に出走を予定しているリリーノーブル(牝3、藤岡健)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リリーノーブルについて、川田将雅騎手

・今朝の追い切りはCウッドチップコースの2コーナーから出て単走で上がりはある程度やってほしいと言う指示で、その感覚を見ながらどの程度やるかは考えてほしいと言うことでした。

・どうしてもテンションが高くなりやすいところがあり、レースでも進みすぎるところがあるので前回の桜花賞でもすごくいい状態で仕上げてきていただいて折り合いに関しては問題無く競馬を進めることが出来ました。今回2400メートルに距離が延びますから改めてそこはどのような気分で過ごしているのかが一番のチェックポイントでした。

・今回はさらに落ち着きも出ましたし走っている内容もより良くなっているので桜花賞よりもさらにいい状態でここには来ているのではないかと思います。

・桜花賞は枠的にも外目を通らざるを得ない展開になりました。それでもしっかりと我慢が効いて直線も自分の脚をしっかり使うことが出来ましたし、阪神JF、チューリップ賞とラッキーライラックとの差は詰められました。枠順が違えばもう少し近づけたかも知れないと言うレースでしたからいい内容だったと思います。

・またチューリップ賞に比べて道中穏やかに走ることが出・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース