【オークス】栗東レポート〜ラッキーライラック

     

☆20日(日)東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス)(GI)に出走を予定しているラッキーライラックについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ラッキーライラックについて、松永幹夫調教師

・(桜花賞は)スタートが上手く決まって、いい位置で競馬が出来ましたし内容は良かったと思います。直線で抜け出してからもしっかり走っていましたし決して止まっているという感覚はありませんでした。でも負けは負け、勝ち馬が強かったですね。

・前走後は10日ほどノーザンファームしがらきに放牧に出してしっかりケアしてもらい、いい状態で戻ってきました。

・中間は2400メートルということもあり短い距離を速い時計でと言うよりも長い距離を乗ることに主眼を置きました。

・先週長めの距離で速い時計を出したので今朝は輸送も考え上がり重点で予定通りの動きをしてくれて、いい時計でした。桜花賞の時と比較してどこがどう変わったということはありませんが、普段から馬の後ろで我慢させる調教を積んでいますので乗りやすくなった点が一番変わったところでしょう。

・距離はずっと長いところがいいと思っていましたから頑張ってもらいたいですね。ここまで順調に来ています。渋った馬場も気にしません。桜花賞は勝ち馬が強かったので、この距離を生かして逆転して欲しいです。

〔取材:檜川彰人〕

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース