【安田記念】(東京)~連闘モズアスコットがGI初制覇

     

東京11Rの第68回安田記念(GI、3歳以上、芝1600m)は9番人気モズアスコット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒3(良)。クビ差2着に5番人気アエロリット、さらに3/4馬身差で3着に1番人気スワーヴリチャードが入った。

モズアスコットは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父Frankel、母India(母の父Hennessy)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 モズアスコット(ルメール騎手)
「(連闘でしたが)疲れはありませんでした。心配していましたが、返し馬に乗ると状態が良かったので安心しました。前走を使って今日はGIでしたが、勝てる自信はありました。スタートして400mのところでぶつけてしまい、ポジションを探しました。前にスワーヴリチャードを見て、直線でマークしました。馬がよく頑張ってくれました。GIを勝つことが出来て素晴らしいです。メンバーのレベルが高い中、勝つことが出来ましたし、まだまだマイルのGIを勝てる馬です」

(矢作芳人調教師)
「結果的に、連闘したからこその勝利だと感じていますし、厩舎スタッフの能力の高さを示せて嬉しく思います。レースのことはすべてルメール騎手に任せていました。弱いところがあり、3歳6月にデビューを遅らせた馬です。これからもっともっと成長すると思いますし、この路線を引っ張る存在に育て、そして、フランケル・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース