天皇賞・春を制したレインボーライン、引退して種牡馬入り

     

26

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/06(水) 06:08:55.58 ID:drbx/mO20
第157回天皇賞・春」(4月29日、京都)で10度目の挑戦にして悲願のG1制覇を果たしたレインボーライン(牡5=浅見)が引退、種牡馬入りすることが5日、分かった。
浅見秀一師(67)が明かした。同馬は同レース後に故障が判明し、その後の精密検査で「右前肢球節後面の腱、じん帯損傷の疑い」との重度の診断が下されていた。
けい養先は優駿スタリオンステーション(北海道新冠町朝日)で、シンジケートが組まれることも決まった。

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ

最新記事一覧