【エプソムC】栗東レポート~エアアンセム

     

6月10日(日)に東京競馬場で行われる第35回エプソムカップ(GIII)に登録しているエアアンセム(牡7、栗東・吉村圭司厩舎)について、追い切り後の吉村圭司調教師のコメントは以下の通り。

(前走の都大路S2着を振り返って)
「昇級初戦で、時計が出やすい馬場だったので、どうかなという思いはありました。よく走ってくれましたので、内容的には満足しています。
 一瞬やったかなとは思いましたが、勝ち馬の決め手が上でした」

(前走後の調整について)
「時計的に速い馬場でしたが、大きな反動はなかったので、異常なく乗り出せました。
 軽いものではありましたが、左前脚に屈腱炎を発症したこともありますし、慎重に使っていました。その辺で間隔的には開くことが多かった馬なのですが、脚元はずっと落ち着いていますし、異常ないことを確認して順調に来ています。
 本当はある程度の間隔で使っていきたいという時期があったのは事実なので、むしろ(中3週は)良いと思っています。
 以前からそうですが、坂路主体でずっと調教を進めていた馬です。今回もパターンなどは変えず、坂路でしっかり乗り込めています」

(最終追い切りを振り返って)
「先週も時計を出していますし、その後の様子などでジョッキーに乗ってもらうか判断しようと思っていました。やはり重賞ということもありますし・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース